ほほえみのもと

子育てから自分育て、笑顔の手前のほほえみのもとになれたらいいな

人を下げても自分は上がらない

最近ありがちなことに、何故か人を下げて自分上げしようとする行動。

親がこれをしていると、子どもも同じことをする。


この行動に当たると[またかよ。ハイハイ、あんたが上だよ。それで良いんだろ(本当は上だと思っていない)] と思うか、[え?なんで?どういうこと?(何がしたいのか解らない)]とか、[悔しい!(私が上なのに!なんとか下げてやる!)]など…、あなたはどう思う?



大人は縦社会に慣れているので、全てを上下関係にしたくなる人がいる。
子どもは大人より下。大人の付属な感じ。
そういう人は、子供←トモ…供え物と思うのです。


そう考えている人が、上下関係が崩れた時、どうするのでしょう?




そうではなく、大人も子どもも、男も女も、上司も部下も、縦社会で考えるよりも、同じ位置に立っていて、上も下もなく、ただすべての相手を尊重していれば良いと思うのはどうでしょう?

そして相手が誰であれ、素晴らしいことをしたら、素直に尊敬するし、助けが必要であれば手を差しのべる努力するのです。


もちろん、私もまだまだできない時も有りますが、それができたら、人生豊かになりそうです。


誰かを下げないと自分を保てないのは、本当は幸せになれていないので、それを繰り返さないといられなくなります。

すると、身近にいるすべての人が信じられなくなるので、実は孤独になってしまうのです。


そんな親を見ている子どもがどう育つでしょう?

あなたの周りにそういう人がいたらどうしましょう?


そういう考えに巻き込まれること無く、上下関係で考えるよりもお互い様、助け合いを考えられるように自分を確立して、子どもも対等に考えられるように育てて欲しいと願います。